学校からのお知らせ

 LOVE SAIJOで、インターハイのカウントダウンリレーの取組が紹介されました。

LOVE SAIJO Facebook  クリック

LOVE SAIJOのホームページとFacebookで、ライフデザイン科とローソンが共同開発した商品について紹介されました。
 小松高校がローソンと共同開発したスイーツ&ベーカリーが発売! クリック
 Facebook クリック 


  LOVE SAIJOで、ライフデザイン科の地域協働事業の取組が紹介されました。

「好きを力に」ライフデザイン科の取組を紹介します!   クリック


New休日・夜間における学校への緊急連絡について」                                              

  新型コロナウイルス感染症により、生徒本人や家族が「PCR検査や抗原検査の対象となった」「濃厚接触者となった」「陽性となった」場合や、その他重大事故等で、休日・夜間に学校に緊急連絡をする必要がある場合は、こちらの方法で連絡をお願いします。

・「令和4年度」 奨学金案内を掲載しました。こちらからご覧ください。

・「学校評価」を掲載しました。こちら からご覧ください。

・「ライフデザインだより 4月号」を掲載しました。こちら からご覧ください。

・「学校通信 3月号増刊号」を掲載しました。こちら からご覧ください。

・「PTAだより 第82号」を掲載しました。こちら からご覧ください。

・「図書館報 第50号」を掲載しました。こちら からご覧ください。

・「図書館だより 3月号」を掲載しました。こちら からご覧ください。

・「えひめ教育の日」実施状況を掲載しました。こちら からご覧ください。

 

令和5年度 教育実習希望者説明会について

愛媛県立小松高等学校 研修図書課

  令和5年度の教育実習希望者に対する説明会を、8月23日(火)10:00より、Zoomにて実施します。教育実習希望者は、必ず 7月22日(金)までに電話で御連絡ください。

 すでに電話で申込をしている方には、メールで7月中に説明会の詳細を送りますので、必ず確認してください。

 1 提出物  

 (1) 必要事項を記入した「教育実習許可願」 

※上記よりダウンロードして必要事項を記入し、8月10日(水)までに、郵送、またはメールにて提出すること。

 (2) 大学からの書類(内諾書用紙など)

2 内 容  

 (1) 令和5年度教育実習についての説明

 (2) 事前に提出した「教育実習許可願」の内容についての確認

 3 連絡先  愛媛県立小松高等学校 研修図書課 教育実習担当係
       TEL: 0898-72-2731

       

 

本校希望の皆さんへ

小松高校の「今」と「これから」を紹介します。

   

 

・令和4年度 推薦入学者選抜の「出願資格の詳細」

 令和4年度 受検案内

       を掲載しました。こちら をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

 1月12日、県独自の警戒レベルが「オミクロン株感染拡大 特別警戒期間」に引き上げられました。

 引き続き、マスクの正しい着用、こまめな手洗い・手指消毒など、基本的な感染回避行動の一層の徹底にご協力ください。

 登校前の検温を行い、体調不良時には、登校を控え、医療機関を受診してください。

   

〇 県民・県内事業者の皆様への知事のお手紙(令和4年1月11日)

〇 添付資料(令和4年1月11日)

養正が丘日記

養正会総会

 

 5月21日(土)石鎚神社会館で養正会総会が開催されました。はじめに、亡くなられた恩師・会員の方の御冥福をお祈りして、黙祷を捧げました。そして工藤憲治会長、松浦校長より御挨拶をいただき、議事に入りました。支部連絡は、関東支部事務局長の佐伯正孝様、松山支部長の中原由美子様から支部総会について連絡していただきました。また、久門教頭より在校生の状況についてプレゼンテーションしていただきました。最後の校歌は、歌入りCDで聴いていただきました。総会後は、折詰仕出し弁当をお持ち帰りいただきました。御参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 yousei11yousei1yousei2

 yousei3yousei4yousei5yousei6yousei7yousei8

yousei10yousei11

ライフデザイン科(地域との協働による高等学校教育改革推進事業)

レクリエーション講義

 5月9日(月)、とうよレクリエーション協会より講師の先生方をお招きし、ライフデザイン科2年生を対象にレクリエーション講義を行いました。高齢者との接し方について学んだ後、デイサービス実習に役立つレクリエーションとして、折り紙や新聞などの身近な材料を使った静的なゲーム、体を動かすアクティブなゲームについて教えていただきました。生徒たちは時間を忘れてレクリエーションを体感し、あっという間の2時間でした。

  

      折り紙                作品               グループで協力

  

      作戦会議               対戦               最後は拍手で終了

行事予定