ボッチャ体験

先日の人権・同和教育ホームルーム活動では、ボッチャやフライングディスクを体験し、障がい者問題について考えたクラスもありました。ルールを説明していただいて、いざ体験。感想には「体に不自由があっても楽しんででき、なくても楽しんででき、不自由があるなしに関係なく、誰でもいっしょにスポーツを楽しめる点が素敵だなと感じました。」「ルールが分かりやすく、大人から子供まで楽しめるスポーツ、なにより、ルールさえ守ればやり方は自由というのがとても良い点だと感じました。いろんな人に伝えて、いろんな人に楽しんでもらいたいなと思いました。」とありました。ともにスポーツを楽しんでいきたいですね。御指導いただいた愛媛県障がい者スポーツ協会の皆さん、ありがとうございました。

 

躍動の青い力 四国総体2022
令和4年度に四国四県で開催される、インターハイ(高等学校総合体育体育大会)まであと238日!! 
考査は明日が最終日。がんばろう