養正が丘日記

小松史談会様からの寄贈

 昨日、令和元年10月9日(水)小松の歴史と文化の継承活動をされている、小松史談会様(会長 石丸敏信)より、『小さな藩の奇跡―伊予小松藩会所日記を読む』50冊及び小松関連絵図3枚を寄贈いただきました。

 小松藩は一万石の小さな藩でしたが、飢饉や天災に見舞われても235年続いた奇跡の藩と呼ばれており、会所日記は日本で小松藩だけ残っているそうです。

 小松史談会のメンバーは約300人いらっしゃるそうで、「本校の生徒に小松(郷土)の良さを知り、郷土に関心を持ってもらいたい、そして、若い人々に郷土の歴史と文化を継承してもらいたい。」というご意向から今回御寄贈いただきした。

 今後は、これらの貴重な書物等を生徒に紹介し、図書室で保存開架し、探求活動等で有効に利用していきたいと思います。本当にありがとうございました。

book1book2

小松幼稚園の運動会に参加

 10月4日(土)小松幼稚園の運動会にボランティアで参加しました。

 子ども文化選択生2名と1年生ライフデザイン科生徒5名で、放送や用具を出すお手伝いをしました。いくつかの競技にも参加させていただきました。

 園児たちが一生懸命走ったり、大きな声で応援したり、笑顔いっぱいに頑張る姿に高校生も元気をもらうことができました。

運動会1運動会2

運動会3運動会4

愛媛大学農学部との高大連携

 9月29日(日)に愛媛大学地域協働センター西条で行われた愛媛大学農学部食糧生産学科との高大連携企画に本校生も参加しました。
 スマート農業入門 -知能化のための計測入門ー という内容でした。
 農業情報学のような分野で、ミニコンピュータ「ラズベリーパイ」を用いて、プログラミングによるセンサーを使った制御技術の基礎を学びました。内容は、興味深く基本的な印象を受けましたが、経験が少なくついていくのが精一杯でした。

高大1高大2

第二学期中間考査後の学年集会

 先週で、第二学期の中間考査も終わり、各学年とも学年集会を行いました。考査が終わった解放感と祭りの時期を迎える期待感から、気持ちが緩む生徒が多くなる季節です。新人戦や文化祭など行事も多い時期ですので、規則正しい生活の中で目標を定めて、規律正しい学校生活を送ってほしいものです。
 一年生は、この二学期をどういう気持ちで過ごしていけばよいか話をされていました。二年生は、新入試にかかる英語外部試験について話をされていました。三年生では、進路課長が、これから本番を迎える入試について心構えを述べていました。

集会1集会2

集会3集会4

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019IBARAKI での戦い

 10月5日(土)全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI が始まりました。

 開会式では、50社以上の報道が集まり、本番での司会は、あの元ヴェルディの 北澤 豪 様 でした。

 養正会関東支部の 岡部 様 も応援に駆けつけてくださいました。

  第一試合 愛媛 1-1 福岡

  第二試合 愛媛 1-2 岡山

  第三試合 愛媛 1-1 和歌山

 どの試合も接戦ですべて得点しましたが、勝ち点を取れず、決勝トーナメントには上がれませんでした。

 しかし、短時間の準備と練習の中で、よくここまで成長したと感服します。

 監督、選手の皆さん、お疲れさまでした。

e1e2

e3e4

e5e6

e7e8