地域との協働による高等学校教育改革推進事業

香椎高校ファッションデザイン科のファッションショーに行ってきました!!

 12月11日(土)、福岡リーセントホテルで開催された、福岡県立香椎高校ファッションデザイン科のファッションショーを見せていただきました。

 10月に行われた産業教育フェアの発表校による協議の際に、このファッションショーのことを知り、「ぜひ見てみたい!」という私たちの思いを、香椎高校さんのご協力により実現させることができました。

 1時間のショーはすばらしいもので、終始圧倒され、あっという間の素敵な時間となりました。


 会場の様子           素敵なテーブルコーディネート

 その後、交流会の時間も設けていただきました。副校長先生からお話をいただいた後、両校の特色などを話しました。ファッションショーの企画や運営、製作などの過程、苦労したことや充実感などについて話してもらい、とても参考になりました。

 そして、私たちが日頃から普及活動に取り組んでいる椿の花の水引細工を一緒に作りながら交流を図りました。

 大変貴重な、そして有意義な研修の機会となりました。香椎高校の先生方、生徒のみなさん、ありがとうございました。

 
 副校長先生のお話      両校の特色について説明    水引細工による交流①


 水引細工による交流②       一緒に記念写真

まちかど家庭科室~ふらっと~を開催しました【小松地域未来塾】

 小松地域未来塾(小松公民館)にて、「まちかど家庭科室~ふらっと~」を開催しました。

 地域の方々や小・中学生が来てくださいました。

 「椿の水引細工」「椿の消しゴム判子」の2講座に分けて実施しました。

 挨拶の後、まずは作り方の説明から。少し緊張しています・・・。

 高校生がお手本を示しながら、制作体験の開始です!

  作り方の動画も作成して準備しました。

   かわいい作品ができあがるといいなぁ・・・

 完成です!

  水引も消しゴム判子も上手にできました。

 水引細工は、ポチ袋に貼ったり、プレゼントのカードに付けたりもできます。

 消しゴム判子は、年賀状にも活用したり、オリジナルのはがきに押したりもできます。

 アイデア次第でいろんな物に活用できます。

 参加していただいた地域の方々、運営をしていただいた小松立志隊の皆様、御協力いただきありがとうございましたにっこり

 

「海の恵みの魚食弁当」を作りました【小松地域未来塾】

 小松地域未来塾にて、「海の恵みの魚食弁当」を作り、地域の方々に食べていただきました。
このお弁当は小松高校ライフデザイン科の3年生が魚食普及を目的にメニューを考案。食文化・料理研究家の中村和憲様に御指導いただきながら、小松婦人会の方々と試作&改良をしたお弁当です。

 小松婦人会の方々と一緒に調理開始!150人分のお弁当が完成しました。


「ブリの照り焼き」に「サワラの唐揚げ」、「きんぴらごぼう」と「小松菜の磯香和え」など西条市産の野菜もたくさん入っています。

小松地域未来塾に来てくださった方々に食べていただきました。
「お魚と野菜もたっぷり、品数が多くて、おいしかった。」と言っていただき、とても嬉しかったです。
これからも魚食普及のために活動を続けます。

伝統産業研修(長崎県視察)に行ってきました!②

 長崎県視察第2弾です。
 椿の油絞り体験の後は、「五島の椿株式会社」を訪問しました。
 五島の椿を栽培・管理しながら、椿の魅力を最大限に生かした商品を販売している会社です。

 始めに、会社を設立した経緯などの講義をしていただきました。五島の椿を生かした化粧品やお醤油などの商品をたくさん開発していました。パッケージデザインもとてもかわいくて、感動しました。

 次に、私たちが研究している椿文化の研究成果を紹介させていただきました。椿の水引細工や消しゴム判子、染色などの成果を紹介しました。

 【椿】で地域を活性化しようと取り組んでいる内容を知り、とても有意義な時間となりました。

 私たちのために貴重な時間を作っていただき、本当にありがとうございましたにっこり

伝統産業研修(長崎県視察)に行ってきました!①

 椿文化普及活動の一環として、長崎県五島市へ伝統産業研修に行ってきました。
 福岡を経由し、五島市まで飛行機に乗りました。

「五島つばき空港」に到着です。


 最初の研修場所の五島椿森林公園」へは、バスに乗って移動です。
 広い敷地内にたくさんの椿の木があります。
 芝生もあり、整備されていて、椿の種類が分かるように表示もされています。
 まだ花が咲く時期には早いですが、一部の品種は咲いていました。

 続いて、「鬼岳四季の里」にて椿油絞り体験をしました。椿の種をすりつぶし、油を取り出します。

 いくつかの工程を経てきれいな黄色い油が抽出できました。感動です!
 椿の種をすりつぶす作業に時間がかかりましたが、学校でも抽出できそうです。

1年「米粉を使ったお菓子」講義

 西条市小松町の「にじとまめ。」より講師をお招きし「米粉を使ったお菓子」の講義をしていただきました。

 米粉についての講義の後、マフィンを作る実習を行いました。

 生地が分離しないようにするコツも教えていただきました。

 焼く前に、大好きなチョコをのせてオーブンへ。

 ふわふわのマフィンに仕上がりました。味もとってもおいしかったです!

 米粉ははだか麦と同じ、グルテンフリーの食材です。これからのはだか麦の研究に生かせそうです。

地域産業視察【紙産業技術センター編】

 地域産業視察として、ライフデザイン科の1年生が四国中央市にある「紙産業技術センター」に行きました。挨拶の後、展示見学をしました。施設の方に説明もしていただきながら、しっかりメモをとりました。

 次は、水引細工の体験コーナーへ。

 教えていただきながら、かわいいストラップを作りました。

 毎日、使っている紙について、初めて知ったことも多かったです。

 これからも紙製品を大切に使わないといけないなと思いました。また水引細工を作りたい!と意欲も高まりました。

まちかど家庭科室~ふらっと~開催しました!

 11月13日(土)、西条市小松文化祭(小松公民館)において、「まちかど家庭科室~ふらっと~」を開催しました。

 

 小松の椿文化を広めるために私たちが作った「椿のクッキー」を販売。

 150袋準備していましたが、販売開始から約1時間で完売!大盛況でした。
 

 そして、椿の消しゴム判子でオリジナルはがきを作っていただくコーナーも設けました。

 大人の方から子どもまで、幅広い年齢の方に楽しんでいただくことができました。

 お越しくださった皆様、「ふらっと」来ていただき、ありがとうございました。

 そして、小松公民館と小松立志隊の皆様、御協力いただきありがとうございましたにっこり

 小松の椿文化を広めるために、活動を続けます!

伝統産業視察(高知県視察)に行ってきました!②

高知県への伝統産業視察、次は、 馬路村「ゆずの森」加工場 です。

 到着!工場の方に案内していただきました。工場ができた経緯などを学習しました。

 たくさんの商品が開発されています。パッケージデザインやキャッチフレーズも素敵な商品が多いです。

 続いて、ゆずの選果場へ。たくさんのゆずが工場へ搬入されるのを待っていました。

 とっても、良い香りです喜ぶ・デレ

 ゆずは、皮、果汁、種まで加工して商品として販売されています。

 今回学んだことを、「椿の種」の商品開発に生かしたいです。

伝統産業視察(高知県視察)に行ってきました!①

 伝統産業視察のため、高知県に行ってきました。

 まずは、 土佐和紙工芸村「QRAUD(くらうど)」 で紙すき体験です。


 お手本を見せていただき、工程を覚えます。木の枠を持って、挑戦です!

 水をしっかりきって・・・、次は、草花をデザインします。
 みんな真剣です。

 きれいにデザインできました。素敵なお手紙が送れそうです。

 椿の花びらや葉を使ってデザインできたらいいな、とアイデアが浮かびました。

 今後の研究活動に生かせそうです!

「まちかど家庭科室~ふらっと~」開催しました

 11月3日(水:文化の日)に、糸まちで「まちかど家庭科室~ふらっと~」を開催しました。

 ゲームコーナーでは、小さな子どもたちが輪投げやつりゲームに挑戦してくれました。

 とても楽しそうで、とってもかわいかったです!

 消しゴムはんこや水引の体験をしてくださった方とも楽しく会話できてよかったです。

 小松高校ライフデザイン科について、中学生へ説明することもできました。地域の方々との良い交流の機会になりました。

 次が楽しみ~!!

  

文部科学省地域協働事業発表会(産業教育フェア埼玉:オンライン配信)無事終了しました!

 10月30日(土)、地域協働事業発表会(産業教育フェア埼玉:リモート大会)に参加しました。全国の高校12校の活動発表の後、オンライン協議を行いました。

 視聴覚発表は、工業、商業、農業など専門学科の特色を生かした内容で、新しい発見がたくさんありました。同じ高校生が様々な分野で研究、活動していることに感動もしました。このような機会はあまりないので、とても有意義な時間となりました。

 他校の発表を聞いています。どの学校もすごいなぁ~。

 いよいよ、私たちの発表の順番です!10分間の発表聞いてください!

 グループオンライン協議では、この事業に取り組んでどのように変化したかなど、意見や感想を出し合うことができました。

 ちょっと緊張しています・・・。

 無事、終わりました。あー、楽しかったぁ。

 私たちの活動が全国の高校生にも知っていただけて、とても嬉しいです。残りの研究活動で、また成果が出せるように頑張っていきたいです。

 ライブ配信を聴してくださった皆様、ありがとうございました笑う

「まちかど家庭科室~ふらっと~」無事終了。

 10月23日(土)、「まちかど家庭科室~ふらっと~」小松おあしす市場前の広場で実施しました。

 少し風が強かったですが、天候にも恵まれました。

 椿の水引細工や消しゴム判子体験、ゲームなどを企画し、参加していただいた皆さんに小松の椿文化をアピールすることができました。

 参加された方の中には、来年度入学希望の中学生もいて、ライフデザイン科の学習内容などを説明することもできました。

 参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 お話ができて、とても嬉しかったです笑う

 小松おあしす市場の皆様、私たちのために場所を提供していただき、ありがとうございました。
 

 次回は、11月3日(水)12:00~15:00

     西条市「いとまちマルシェ」にて

 開催予定です。

3年生から1年生へ伝えよう!「椿の水引細工講習会」

 3年生が1年生に椿の水引細工を伝授する講習会を開きました。

 3年生は、3年間の取組の成果もあり、水引細工の達人です。

 1年生は、初めて水引に触った人がほとんど・・・

 

  さぁ、うまく講習会は進むのでしょうか??

  ちょっとドキドキしながら、スタートです!


  ん!すばらしい!
  丁寧に説明して、3年生がリードしてくれています。とっても順調です。

  3年生は、分かりやすく教えるためには、どう伝えたら良いか、各自で考えながら進めています。
  1年生は、編み方をマスターしようと必死です。

 あっという間に「あわび結び」と「梅結び」ができました。

 3年生が講師となって教える姿に成長を感じました。

 今日の講習会を受け、これから1年生も椿の普及活動に即戦力として参加します!

シーフード料理コンクールに出品

 ライフデザイン科2年生のフードデザインの授業で、シーフード料理コンクールに出品する料理の試作を行いました。

 今年度のテーマは「 おうちでガツンと魚料理 」です。

 美味しく魚を食べてもらいたいと、工夫をこらしました。鱗をとる作業や、魚の骨の処理も慣れてきました。制限時間内に完成できるように、手際よく調理を行います。

 今回のレシピは「誰と、どんなシチュエーションで食べたいか」を想像し、考案しました。

 自分のアイディアを形にできるのか不安でしたが、美味しそうな料理がたくさん完成しました。

 新型コロナウイルス感染症防止のため、持ち帰ってからの試食となりました。

 後日感想を聞くと・・・「 美味しかった! 」「 我ながら上手にできた 」との声が・・・

 地元や愛媛県で獲れる魚介類の魅力について、更に知る機会となりました。