地域との協働による高等学校教育改革推進事業

2年生ライフデザイン科「学校給食」講義

 7月30日(木)に、2年生ライフデザイン科「課題研究」の授業において、講師の先生をお招きし「学校給食」の講義を行いました。

 食べることについてや学校給食の献立作成の注意点の講義を聞いた後、地元の魚やはだか麦を用いた学校給食の献立作成の実践を行いました。

 今後、地域の小中学校で給食メニューとして登場するかもしれないと思うと楽しみです。

地域協働事業コンソーシアム・運営指導委員会

 文部科学省から研究指定を受けている「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」について、研究を進めるためのコンソーシアムを構築しています。

 コンソーシアムは、研究を進めていく過程で御協力・御指導をいただきたい機関で構成された組織です。

 7月13日(月)にそのコンソーシアム検討会議及び運営指導委員会が行われました。

 昨年度の取組の概要説明や今年度の計画について説明し、委員の方々から今年度の研究を進めていくための様々なアドバイスをいただきました。

コンソーシアム1コンソーシアム2

コンソーシアム3コンソーシアム

2年生課題研究エプロンシアター班

 2年生の課題研究でエプロンシアターを作っています。

 テーマはお魚です。

 絵本のお話や、手遊び歌をエプロンシアターで表現します。

 今日は計画とフェルトを使ってマスコット製作を始めました。

 タブレットで、ステッチの方法を検索したり、いろいろなフェルトの画像を参考に作っています。

 子どもたちに喜んでもらえるように頑張ります。

2年生ライフデザイン科 今年度一回目の課題研究

 4月16日(木)に今年1回目の課題研究が行われました。

 全体で昨年の活動の振り返りを行いました。

 次に、「ジャケット制作のオリエンテーション」、「椿ジャムのレシピ調べ」、「消しゴム判子」のデザイン案の3班に分かれて活動を行いました。

 小松町を盛り上げていくために、今年も案を出し合い活動していきます。

 応援よろしくお願いします。

 

椿の花や枝で染色を行いました。

 4月13日(月)にライフデザイン科の授業で、校庭に咲いている椿を使った染色を行いました。

 花を使ったものは非加熱、加熱それぞれの方法で行いました。

 また、椿の枝や葉を使って染色を行いました。

 絹の布や毛糸、絹糸を染色してみました。

 染色した材料で何を作っていけば椿文化を浸透させられるか考えていきたいです。

 

来年度に向けてのワークショップ開催

 来年度、全教職員で、「地域との協働による教育改革推進事業(プロフェッショナル)」に取り組む体制を整えるため、教職員の研修もかねて、ワークショップを行いました。

 テーマは、「来年度計画している事業をどの教科や部活動で実施したり担当したりするとよいと思いますか。」でした。

 KJ法やワールドカフェなどの手法を用いて、用紙に付箋を貼りつけ、いろいろな考えを出し合いました。

ワークショップ1ワークショップ2

ワークショップ3ワークショップ4

取り組み内容を全教職員で共有

 3月17日(火)に地域協働事業のこれまでの取組について、教頭先生、家庭科主任から全教職員へ説明がなされました。

 初年度ということで、様々な取組を数多く実施してきました。来年度へ向けて全教職員で学校を上げて取り組めるようにその全体像について説明し、来年度の計画についても確認しました。

説明1説明2

 

第2回運営指導委員会

 3月6日(金)に第2回運営指導委員会がありました。

 運営指導委員会は、愛媛県教育委員会の主催です。

 本事業の運営指導委員の方に来ていただき、愛媛大学教授 藤田 昌子 様 の司会で、実施報告や研究協議がなされました。

運営指導委員会1運営指導委員会2

運営指導委員会3運営指導委員会4

成果発表

 3月6日(金)のコンソーシアム検討会議後、事業の取組について成果発表が行われました。

 当初の予定では、体育館で全校生徒、小松中学校一年生、他校関係者など多くの方に公開し、生徒が発表する姿を見ていただく予定でしたが、感染症対策のため、今回は、関係者のみに教員が説明することになりました。

成果発表1成果発表2

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予

 1月28日(火)に西条市総合文化会館で、「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」が行われ、本校生徒も、午前中のステージ発表、午後の地域活性化サミット(パネルディスカッション)で、活躍しました。

 本校は、高等学校地域協働事業について「生活文化の伝承と多世代交流 共生のまちづくりに貢献する人材の育成」という題で発表しました。

ステージ発表1ステージ発表2

パネルディスカッション1パネルディスカッション2

 

「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」のための発表練習

 「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」が1月28日(火)に西条市総合文化会館で行われます。

 本校の地域との協働による高等学校教育改革推進事業でのこれまでの取組を生徒が発表します。

 その練習を前日、念入りに行いました。各先生方、地域協働学習実施支援員の方などにアドバイスをいただきました。

発表1発表2

発表3発表4

SNSを使った発信方法について

 1月20日(月)1年4組の課題研究の授業に、西条市シティープロモーション課から日野先生が来てくださいました。

 Instagramを中心に、SNSでの発信方法について講義をしていただきました。

 SNSの危険性や周りを不快にさせない発信方法についてや、写真の撮り方についてなど幅広い内容について話を聞くことができました。また、各自のスマートフォンを使って、人気のインスタグラマーを検索したり、構図を意識した写真撮影の練習を行ったりしました。

 楽しく、体験的に学ぶことが出来あっという間の1時間となりました。

 地域の魅力を効果的に発信していけるよう、写真撮影や伝えたいポイントの搾り方等意識してスキルアップしていきたいです。本日は本当にありがとうございました。

 

公民館フェスティバル

 1月19日(日)、西条市公民館フェスティバルに参加しました。

 小松公民館の発表では、小松未来塾をはじめ協働して行った取り組みについて一部発表させていただきました。

 バザーではマフィンの販売を行いました。キャラクターのマフィンは特に人気ですぐに完売してしまいました。

 何をどれくらい作るかや魅力的なポップ作り、販売方法など、今後も改良したい点が見つかりました。また、発表内容についてや、マフィンについて地域の方々から温かい声かけをたくさんいただきました。

 今後の励みにして頑張っていきたいと思います。

 

 

フェスティバル3フェスティバル4

フェスティバル5フェスティバル6

 

公民館フェスティバル準備

 1月19日(日)の公民館フェスティバルに向けて、ステージ発表の練習と、マフィン作りを18日土曜日、小松公民館で行いました。マフィン作りは、手順やラッピング等自分たちで試行錯誤して作ることができました。

 今後イベントで効率よく良いものが作れるよう、今回の反省を生かしたいと思います。

 販売時のお客さんの反応が楽しみです。

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予の事前打ち合わせ会に参加

 1月28日(火)に予定されている令和元年度「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」における「地域活性化サミット(パネルディスカッション)」の事前打合せ会が1月10日(金)に今治西高校で行われました。

 東予地区は5校から6名の生徒が参加し、小松高校からはライフデザイン科の1年生2名が参加しました。

 自己紹介や自校での活動について紹介したり、質問をしたりするなど交流することができました。他校の実践を聞き、良い刺激を受けることができました。

 このメンバーで、当日は地域活性化について高校生目線でディスカッションを行います。

魚料理講習会

 12月17日(火)に1年ライフデザイン科1年生の授業で、魚料理講習会をしていただきました。

 西条市河原津漁協の漁業女性部 川又 由美恵 様、壬生川漁協 稲井 藤美 様をお招きして、舌平目やコウイカのさばき方や調理法を教えていただきました。

 西条で獲れる魚を自分でさばいて調理することができ、大変貴重な経験となりました。

 

中央公園、椿千年の森での椿の観察

 12月16日(月)にライフデザイン科1年生の課題研究で、椿の観察を行ったときの写真です。 中央公園や椿千年の森で現在咲いている椿の観察を行いました。

 満開を過ぎ、散り始めている品種やつぼみをつけているものなど様々でした。

 つぼみをつけている木も多く、これからたくさんの品種が咲き始めることが分かりました。椿カレンダーの制作を通じて知った品種と比べながら、どこにどんな品種があるか今後調べていこうと考えています。

椿1椿2椿3

椿4椿5椿6

伝統産業研修

 12月6日(金)に、1年4組の生徒が、愛媛県産業技術研究所紙産業技術センターと広瀬歴史記念館・広瀬邸を訪問しました。

 紙産業技術センターでは、四国中央市の伝統産業である紙について、展示を通じて学び、水引を使ったストラップ作りを体験しました。展示では、マイクロスコープを使って様々な紙の構造を見たり、実際の紙を触ったり、不織布で作ったドレスや和紙を使った作品を鑑賞したり体験的に学ぶことができました。

 水引ストラップ作りでは、使用する水引はたくさんの中から選び制作しました。セロハン加工や様々な水引に心を奪われ、選ぶのにとても時間がかかってしまいました。水引での小物づくりに興味がわき、実際に様々な物を作ってみたいとの感想も多くでました。

 広瀬歴史記念館では、幕末住友の経営難による別子銅山の売却を阻止した広瀬宰平の様々な話をお聞きすることができました。旧広瀬邸では、和風建築に関わらずその当時日本になかった避雷針を取り入れたり、洋式便器や板ガラスを使用したりするなど、住空間にも様々なこだわりや新しいものを取り入れる姿勢を見ることができました。

 今回の研修を通して、伝統的な産業や文化をいかに残していくか、それらの良さを何なのかといったことを体験的に学ぶことができました。

視察5視察6